トイレで出てしまう音を軽減させる方法!

「大」でも「小」でも、トイレの音は気になるものです。

「ポチャンッ」「チャー」。

そんな音が、好きな人にでも聞かれてしまったら大変です。

水を流して音をごまかす場合も、水が流れ終わる短い間にすべてを出し切らないといけないので、これまた大変です。また最近ではウォシュレットなど温水洗浄便座も増え、用を足しているとき以外でも、温水が噴き出して洗浄しているときも、「チャー」と音が出てしまったりします。

そこで妙案。トイレで出てしまう音を軽減させる方法をご紹介します。

用意するのは、トイレットペーパー。

まずは、便座に座る前にトイレットペーパーを適度に取り、そのトイレットペーパーを便器の水面の上に乗せます。できるだけ水面が隠れるようにして、3重ほど敷き詰めます。

そしてさらにその上に、無造作に丸めたトイレットペーパーを何個か置きます。

これで下準備はOK。

あとは思う存分、「大」でも「小」でもしてください。

何も下準備をしない状態に比べ、水に落ちる高い音は軽減されます。

通常、周囲に音が響きやすいのは、「大」でも「小」でも水に落ちる音です。この水に落ちる高い音を少しでも軽減させることができれば、相対的にトイレの音を静かにすることができるのです。

ただし、すべての音を消すことはできませんし、トイレットペーパーに落ちる音は消すことができませんので過信も禁物です。また、トイレットペーパーは水に溶けやすいため、時間が経てば経つほど効果が落ちてしまいます。トイレットペーパーを敷き詰めたら、溶ける前に急いで用を足すようにしましょう(笑)

※トイレットペーパー無駄遣いしないようにしましょう。また、たくさんトイレットペーパーを入れすぎると、詰まりの原因になることがありますのでご注意ください。

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。