確定申告の医療費控除でもっと得する方法!

確定申告のとき、医療費控除という項目があるのをご存じですか?

医療費控除とは、確定申告のときに所得金額から医療費を控除してくれるもので、これにより税金が還付されたり、また所得税などの支払いが安くなったりします。

せっかく控除してくれるのであれば、ぜひぜひ最大限に活用したい。しかし、この項目、意外と活用できていないのが現状です。ということで、医療費控除でもっと得する方法をご紹介します。

マツキヨで市販の風邪薬を買って控除!

医療費控除は、街角にあるドラッグストアなどで風邪薬などを買っても控除の対象となります。もしドラッグストアでお買い物をしたら必ずレシートなど、購入したものと金額がわかるものを保管しておいてください。

通院のための交通費も控除!

病院へ行くための交通費も医療費控除の対象になります。こちらもその内容を証明できるような領収書が必要になります。必ず保管しておいてください。

温泉に行っても控除!

指定された温泉施設に行った場合でも控除されることがあります。厚生労働省が定める一定の基準を満たし温泉利用型健康増進施設を利用した場合にのみ適用されます。対象となる施設がお近くにないか調べてみてください。

温泉利用型健康増進施設連絡会→http://www.onsen-nintei.jp/

※医療費控除を受けるには条件があります。控除を利用される際は国税庁ホームページなどを事前にご確認ください。

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。