新札やピン札を手に入れる方法!

結婚式やお祝い事などでのご祝儀は、やはり新札やピン札を用意するのがマナー。

お金としての価値は変わりありませんが、どうしても必要な場面に出くわすことは人生の中で多々あります。

ということで、新札やピン札を誰でも簡単に手に入れる方法をご紹介します。

銀行で手に入れる!

銀行にある自動両替機を経由すれば、新札、あるいはピン札を手に入れることができます。この自動両替機は、一般的にATMとは違い、別の場所に設置してあることが多いです。本来は飲食店や商売をしている方が小銭などを用意するために使うものですが、新札・ピン札をここで手に入れることができます。

仮に3万円分の新札がほしい場合、事前に用意した使い古した3万円を両替機に入れ、1万円札の両替を指定します。すると、使い古した3万円の代わりに、新札の3万円が両替機から出てきます。もちろん費用はかかりませんが1日1回しか利用できません。

なお、窓口で行う場合は、備考欄などに新札希望と書き添えれば、新札で用意してくれます。

式場や高級ホテルなどで手に入れる!

実は結婚式場や式場のある高級ホテルであれば、新札やピン札は用意されていることが多いです。結婚式場であれば、受付や窓口に相談してみてください。無料で両替してくれる場合があります。どうしても当日用意ができない場合はこの方法が一番確実かもしれません。

アイロン掛けでピン札にする!

ある程度、キレイなお札であれば、アイロンでシワや折り目を隠すことはできます。もちろん新札にはなりませんが、ピン札にはできる可能性があります。

まずお金を霧吹きやタオルなどで軽く湿らせます。できる限り満遍なく湿らす必要があります。そして、その上に布やタオルを敷き、アイロンを丁寧にかけます。すると思った以上にキレイになります。なお、アイロンがけの際は、アイロン台を必ずご使用ください。また、お金が破損することがないよう、取り扱いには十分注意してください。

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。