物差しやメジャーがなくても長さを測る方法!!

普段生活している中で、身近なモノのサイズを計測しなくてはいけない時ってないですか?

例えば、家具を買おうとしているときに空きのスペースを計測したり、仕事なので急にサイズを測らなくちゃいけなくなったり等々。そんなとき、メジャーや巻尺なんて都合良く手元にあったりしませんし、用意するのも面倒です。

実は、メジャーや巻尺がなくても、もっと身近なもので簡単にサイズを計測できる方法があるのです。

使うのは「自分の手」です。「自分の手」を利用して、計測できるようにするのです。

まず、利き手のグーにして、親指と小指を出して最大限に広げます。

そう、これだけでOK!実は、親指の先と小指の先の幅を成人男性でおおよそ20cmなのです。

これで生涯使える定規が完成しました。

もちろん、1ミリも狂わず測定ができる訳ではありませんが、生活をしている中で意外とこの「自分の手の定規」が重宝します。これからの人生、使う場面は多くあるかと思います。

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。