民間の保険を見直して保険料を浮かす方法!

皆さん、保険は入られていますか?

保険と言っても、生命保険から自動車保険、火災保険、がん保険など、いろいろな種類の保険が存在します。保険は、継続して払い続けるものが多く、保険は家を買うことに次ぐお買い物と言われるくらい、その負担は大きいものになります。

保険は毎月のローンとは違いますが、一種のローン契約に近いイメージなのです。

ただ入口がとても安易なため、どんどん保険に加入してしまっているのも事実です。そうなってくると、保険料の負担ばかりが大きくなって、保険貧乏になってしまいます。

せっかくのお給料や貯金も、さらには頑張った節約も、保険の計画を間違えると元も子もありません。

では、保険はどのような保険に入った方がいいのでしょうか?

それは、ズバリ、本当の意味での保険が必要なものだけ。

つまり、いざという時にその金額をどうしても負担できない大きな事故や出来事に対応させるための保険。これ意外の保険はほぼ無意味ということが多くあります。

例えば、自動車事故を起こしてしまい損害が発生したとき、その金額が3000万円もかかった。そんなことになったら支払いできません。そういうものには絶対に保険加入が必要です。

この考えから、絶対に保険加入が必要なものは、万が一の場合の生命保険(掛け捨て)、自動車保険、火災保険です。

逆にあまり意味がないのは、入院保険などの医療保険、がん保険、貯蓄性の保険など、本来の「保険」の性質がないものになります。

例えば医療保険などでも、万が一病気になって入院をしたとしても、その負担する金額は公的保険が手厚い日本ではたいした金額になりません。すべての財産を切り崩しても足りない、人生が崩壊するなんてことはほとんどありません。つまり何の保険にもなっていないのです。逆に言えば、保険料を自分で貯金をしている方がよっぽどマシです。不安を煽るテレビCMなどもたくさんありますが、まずはご自身で本当の意味での保険が何かを考えてみてください。

保険の加入はとても簡単にできます。入口のハードルはとても低いですが、これは大きな投資で人生の中で「家」の次に大きな金額となるお買い物です。だからこそ、慎重に考えるようにしましょう。

そうすればきっと、保険料の節約になるかと思います。

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。