ネットサーフィンしたWEBページの履歴を残さない方法!

インターネットでいろいろなWEBページを見ていると、その閲覧履歴がパソコンにどんどん残っていきます。もちろん、普段は他人に見られることはありませんが、不在の間に勝手にパソコンを見られてしまったり、あるいは会社でチェックされてしまったり、ちょっと恥ずかしいページを見ていたのがバレてしまったり、漫画喫茶などで悪意のある人に見られてしまったり、とにかく閲覧履歴はプライベートの情報で場合によっては個人情報漏洩などの危険性もあったりします。

そんなときに使える方法です。ネットサーフィンしたWEBページの履歴をパソコン上に残さない方法があるのです。この方法を利用すれば、今までと同じようにネットサーフィンを楽しんでいても履歴は一切残らずに済みます。方法は、インターネットサーフィンをしているブラウザにより方法が異なります。覚えたら簡単にできるワザになりますので、ぜひぜひ覚えておいてください。

Internet Explorer

キーボードのControl+Shiftを押しながら、Pを押します。すると、プライベートに閲覧できるウインドが別に開きます。

Google Chrome

キーボードのControl+Shiftを押しながら、Nを押します。すると、プライベートに閲覧できるウインドが別に開きます。

Firefox

キーボードのControl+Shiftを押しながら、Nを押します。すると、プライベートに閲覧できるウインドが別に開きます。

Safari

右上のメニューからプライベートブラウズを選択することができます。ショートカットキーの設定はありません。

iPhoneなどのios

Safariの画面右下にある紙が重なったようなアイコンを押します。するとプライベートというボタンが出ますのでそちらを押してください。

Android

ブラウザのメニューから新しいシークレットタブボタンを押してください。

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。