一般固定電話の良番を手に入れる方法!

どうせ一般固定電話を敷くのであれば、ゾロ目の番号や覚えやすい番号などの良番を手に入れたいものです。特に法人であったり、個人で事業を展開している方であれば、なおさらです。

しかし、現実はできません。できたとしても、3つの番号から選ぶくらいしかできません。

有名企業では覚えやすい番号を手に入れられているのに、なぜできないのか?

実は昔と今では少し仕組みが変わってしまっていて、確かに昔であればNTTの営業マンと交渉すれば、良番を手に入れることはできました。でも今は営業マンがいませんし、NTTの電話局もありません。

そんな中でも、良番を手に入れる方法をご紹介したいと思います。この方法は、絶対ではなく確実なものではありませんが、僅かな可能性はあります。

その方法をご紹介します。

1.電話工事の業者さんに電話をして、新規で電話回線を敷きたいということを依頼する。

2.その際、10回線、連続の番号で、ひかり電話で、良番で手に入れたいということを伝えます。この条件が重要です。

3.あとは、電話工事の業者さんからの連絡待ちです。

4.しばらくすると、番号の候補が挙がります。その中に気に入った番号があれば、そちらで契約を進めます。

5.これでOKです。不要な回線は後日解約してください。

ここで重要になるのは、まずは回線数。最低でも10回線以上の契約である方が良番は出やすくなります。昔のように電話加入権があるわけではなく、月額数百円で1回線が追加できますから、それほど負担にはならないはずです。また、ひかり電話での申し込みは絶対条件になります。ひかり電話の方が選べる候補が多く柔軟で、良番が出やすくなります。法人の場合、ビジネスホンなどを使用することもあると思うので、もし、ひかり電話が不要であれば、後日、普通回線に戻してください。

自分の交渉力で良番を手に入れるのではなく、あくまで電話工事の業者さんに託す形になるので、成功率は担当者によって左右されますが、それでも試す価値はあります。

番号は一生もので、最初が肝心です。

ぜひ、お気に入りの電話番号を手に入れてください。

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。