SuicaやPASMO、楽天Edyなどの電子マネーの残高をいつでも簡単に調べる方法!

お買い物も自動改札もピッとかざすだけで決済できてしまう便利な手軽な電子マネー。最近では、SuicaやPASMOなどの交通系のほかに、nanacoやWAON、楽天EdyやiDなど、数多くの電子マネーが登場しています。

便利で手軽ではある一方、お財布にある現金とは違い、残高が分かりづらいという欠点があります。

ICカードタイプのものだと、ただのカードなので残高の表示がされていません。スマホやモバイルのアプリタイプであれば、アプリを起動して残高照会をすれば確認することはできますが、それでも手間もかかりますし通信費もかかります。

しかしです。実はそんな電子マネーの残高が簡単に調べる方法があるのです。

それは、街角にある電子マネー対応の自動販売機を使って残高を調べる方法です。そうです、飲み物とかが売っている自動販売機です。

なんと、電子マネー対応の自動販売機では、電子マネーをかざす読み取り口のところにICカードやスマホをかざすだけで、金額表示欄に電子マネーの残高が表示されるのです。

もちろん、買う必要はありません。購入ボタンを押す前に、ただかざすだけでいいのです。それだけで一瞬で残高が表示されますし、無料で調べられます。

例えば、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーであれば、残高不足で改札にひっかかってしまったりしたら恥ずかしい思いをします。今までは切符の発券機や自動改札機でないと残高の確認はできませんでしたが、駅のホームにある飲み物の自動販売機などでも残高確認ができるようになり、恥ずかしい思いをしなくて済むようになります。

自動販売機は物を買うだけに使うのはもったいない。これから電子マネー対応の自動販売機を発見したら、すぐに電子マネーの残高照会をして、電子マネーの達人になりましょう。

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。