エレベーターで間違えて押してしまった階数ボタンをキャンセルする方法!

エレベーターに乗った時、間違えて違う階数ボタンを押してしまったことはありませんか?

別に間違えたからと言って、それをやり過ごせば特に問題はありませんが、誰もいない階に止まって、ドアが開いて、また閉じてって、無駄な時間ですし何だか寂しいですよね。
しかし、あったんです。間違えて押してしまった階数ボタンをキャンセルする方法が!

方法はエレベーターのメーカーによって異なりますが、どのメーカーもちょっとした方法でキャンセルできてしまいます。

基本的には、次の2つの方法のいずれかになります。

1.ダブルクリック

2.長押し

メーカー別のキャンセル方法は異なり、またメーカーによってはやり方が複数ある場合もありますが、おおむねこの2つの方法で試せば間違いありません。

なお、階数ボタンのキャンセルは、すべてのエレベーターでできる訳ではありません。

エレベーターのキャンセルについては、エレベーターを導入しているオフィスやマンション、あるいは施設などが、使えるようにするか、それとも使えないようにするか、任意で決めているからです。このエレベーターのキャンセルは、有料のオプションとなっていて、もし使えるようにするには、エレベーター会社さんにオプション代金をプラスで払わなくてはいけないのです。だから任意で使えない場合があるのです。基本初期設定は、東芝製以外はすべてキャンセルできない設定になっています。

なので、もしお近くのエレベーターでキャンセルが有効になっているようであれば、プラスで有料オプションを払ってくれているんだなと、少し感謝の気持ちで見てあげてください。

東芝製エレベーターのキャンセル操作は無料で標準装備になっているため、全基でご利用いただけます。
気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。