あくびを無理矢理にでも止める方法!

昼食を食べた後の授業や、つまらない相手の話をひたすら聞き続けなくてはいけない時、突然の眠気が襲ってきて、あくびが出てしまいます。

あくびは相手にはとても失礼な行為であるため絶対に避けなければなりません。

もちろん気が張っていれば、あくびはでませんが、どうしても出てしまったときや、出てしまうとき、無理矢理あくびを止める方法があります。

方法は簡単で、舌を上手に使います。

舌を出し、そして上唇をペロペロと左右になめます。

これだけで、あくびが止まります。

えっ逆に相手に失礼じゃないかって?、えっ不審者に間違われる?

まあ、そんなこともあるかしれませんが、どうしてもあくびを止めたいときは、ぜひ試してみて下さい。

ただし眠気が取れる訳ではありませんのでご注意を。

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。