iPhoneのシャッター音なしで写真撮影をする方法!!

iPhoneのシャッター音って本当にうるさいですよね?

シャッター音がすることで、静かな場所での撮影も恥ずかしてできなくなってしまいますし、彼氏や彼女の寝顔も撮影したらシャッター音で起きてしまいますし、赤ちゃんの撮影もシャッター音に驚いてしまって上手に撮影できなかったりします。

「シャッター音がないと盗撮目的で使われる」ということでシャッター音が悪者になってしまっている訳ですが、これは日本仕様のiPhoneのみに設定された「盗撮防止」目的での機能で、海外で販売されているものについてはこのような仕様になっていません。だからといって、海外のsimフリーを手に入れて使う分には特に問題ありませんが、iPhone7以降に搭載されているフェリカなどは日本仕様のみに付加されているため、海外のiPhoneを持つメリットも薄れてしまいます。

しかし、ちょっとした方法で写真をバシバシ撮影してもシャッター音が出ないやり方があるのです。この方法は、最初の1回のみシャッター音が鳴ってしまうのですが、それ以降はシャッター音が鳴りません。

方法は簡単で、ビデオ撮影モードで動画撮影中に「静止画」を撮影する方法です。

例えば、赤ちゃんの寝顔を撮影したい場合は、まず赤ちゃんから離れてシャッター音の聞こえない場所でビデオ撮影をスタートさせます。そして、そのままの状態で赤ちゃんのところまで行き、「静止画」撮影ボタンを押すのです。結果として、これで写真が撮れライブラリに写真として保存されます。

この方法であれば、赤ちゃんもシャッター音に邪魔されることなく、すやすや眠り続けることができます。

なお、撮影終了の際も注意が必要です。普通にビデオ撮影を終了させると、再びシャッター音が鳴ってしまいます。ビデオ撮影終了の際は、ホームボタンをダブルクリックし、ビデオ撮影アプリを強制的に終了させます。これであれば、終了時にも音が鳴りません。

ビデオ撮影終了後、ライブラリを確認してみてください。きとんと「静止画」で撮られた写真が残っているはずです。その際、ビデオのデータは不要なので削除しておいてください。

とても簡単な方法ですので、ぜひ試してみてください。

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。