合コンで周囲にバレないようにして狙った相手に好意を伝える方法!

デートや合コン、初対面の人に好意を伝えたいけど、思うように言葉が出てこない。好意を相手に伝えたいけど周囲の目も気になる。そんな経験はありませんか?

言葉で伝えるには勇気も必要ですし話術も必要です。そんな方にオススメのワザです。

この方法を使えば、言葉を使わずに、それも周囲にも気づかれずに、狙った相手に好意を伝えることができてしまいます。

使うものは、お財布や携帯電話、カバンなどの貴重品。これをどこで使うのかと言うと、それは「トイレ」に行くタイミングです。

方法は簡単です。飲んでいるときに必ず一度はあるトイレタイム、ここがポイントです。

トイレに行く時にあえて、狙った相手に貴重品を預けて行くのです。

「ちょっとお手洗いに行ってくるから、カバン持っていてもらっていい?」のような軽い感じでお願いします。

これだけでOK! これだけの行動で、狙った相手に対して、「あなたを信用しています。だから大切なものを預けます。私はあたなにココロを開いています」ということを間接的に伝えることが出来るのです。

また、貴重品を預かった相手も、この瞬間に「信用されているんだなぁ」と感じることができます。

このワザは特に初対面の方、関係の浅い方に効果があります。

もちろん合コンなどでたくさんの人数がいるときにでもOK。

周囲にバレないようにしたい場合は、こっそりと貴重品を預けて決め台詞を言うだけ。またあえて周囲に狙っているアピールをしたい場合は、みんなに聞こえるように貴重品を預けましょう。

とにかく、これからの合コンはトイレタイムが勝負。どんどん大切なものを預けてしまってください。

もちろん貴重品を預ける分、本当に信用できる人にだけ渡すようにしましょう。

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。