格安航空会社LCCを上手に利用してお得にお出掛けする方法!4連発

最近、なにかと話題のLCC。ローコストキャリアの略で格安の航空会社を指します。そんなLCCを他人事のように思っていませんか?

実はLCCを上手に活用すれば、国内旅行も海外旅行も格安で行けてしまうのです。

路線の制限や空港での乗り換えが面倒などデメリットも数々ありますが、用途に応じて利用すれば、通常の航空会社を利用するのがばからしくなるくらい格安なのです。

例えば、東京から札幌や福岡に行く場合、LCCを利用すれば片道1万円以下で行けてしまいます。これはJAL やANAの半額以下になります。

ただでさえお得なLCC。これをさらにお得に利用する方法をご紹介します。

 

空港によっては便利なターミナルが利用できる!

LCCのデメリットである不便な空港ターミナル。成田空港LCC専用の第3ターミナルは、行けども行けども乗り場に辿り着けません。しかし、空港によっては一般的な航空会社と同じターミナルからLCCが利用できるようになっています。便数が少なく、それぞれのLCCが拠点としていない空港が主になりますが、あらかじめ知っておけば便利に利用できます。例えば、国内線の成田空港であればピーチ、関西国際空港であればジェットスター航空などは、一般的なターミナルから搭乗ができます。

 

結局お得な、タイムセールや特売品!

各航空会社で破格値のタイムセールを行うことがあります。それらは話題作りのものもあれば、空席処分でもあったりしますが、これらの情報はSNSやメルマガで手に入れることができます。また一部の航空会社では有料でお得情報を受け取れるサービスも行っています。有料サービスを利用すると、一般販売より先にお得なチケットを購入できます。その航空会社をよく利用する場合、確実に採算が取れるお得サービスです。

 

ANAのマイレージでLCCが利用できる!

ANAの100%子会社であるバニラエアーは、なんとANAのマイレージ特典で乗ることができてしまう。例えば、成田?札幌間であれば、片道5000マイルで特典航空券に交換できてしまいます。もちろんANAを利用するより少ないマイルで利用できます。

 

宿泊付きプランでもっとお得に!

各航空会社では、航空券販売とは別にホテル付きのブランも売り出されています。各航空会社としては、これらもセットにして少しでも単価を上げたいところ。実はこのセットがとてもお得。例えば、成田?札幌間で1泊付きで2万円を切るプランなどもあります。もし宿泊の予定がある場合は、ぜひ先にLCCが提供するホテル付きプランを確認してみましょう。

なお、価格は時期によって変動します。また、各航空会社によって得意な地域や路線があります。苦手な地域や路線の場合、逆に値段が高くなる場合もありますのでご注意ください。

ただ、上記のようなお得な価格で飛行機に乗ることができますが、荷物が多かったりすると、かえって高くつく場合があります。もし出発日まで時間があるようであれば、一度、日本航空やANAの価格を調べてみることをオススメします。航空会社にもよりますが、片道1万円少々で乗れてしまうこともあります。

これからはぜひしっかりとした比較を!

そして選択肢の一つとして必ずLCCを!

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。