新幹線の自由席争奪戦に勝つ方法!

新幹線の自由席は、一部の路線を除き設定されています。自由席は、座席が決まっていない分、座れる保証がなく、立ちっぱなしになってしまうというデメリットもありますが、指定席に比べ、料金も安く済みます。

そんな自由席。実はちょっとした方法で座れる確率を上げることができるのです。

これであれば、自由席の争奪戦を有利に運ぶことができるようになります。

方法は簡単です。

車両を選ぶのです。乗車する車両で椅子取りゲームで勝てる可能性が変わってきます。結論を言うと、2号車や4号車などの偶数の車両に乗り込めばいいのです。

実は新幹線は車両ごとに座席数が異なっており、N700系の場合、1号車は65席、2号車は100席、3号車は85席、4号車は100席、5号車は85席となっています。これの差は運転席やトイレのある車両の座席数が少ないためです。つまり、座席数の多い車両を狙う方が座れる確率は高くなるのです。

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。