エレベーターを少しでも早く呼んで時間を節約する方法!

オフィスやマンション、ショッピングセンターなど、エレベーターはどこでも見かけるかと思います。特に毎日使うような場合、呼び出しボタンを押してもエレベーターが来ないと何だかイライラしますよね?

でも、ご安心ください。実は、エレベーターを少しでも早く呼ぶ方法があるのです。

この方法をマスターすれば、数秒くらいの差かもしれませんが、エレベーターを早く呼び出すことができ、時間の節約ができるかもしれません。

その方法は、何かをするというよりは、あることをしない方法です。

方法は簡単で、車いすマークのある上下ボタンを押さないという方法です。

エレベーターで、一般的な上下ボタンを押した場合、一番近くにあるエレベーターが押された階数に向かうように設定されていますが、ここでもし車いすマークのボタンを押してしまうと、その制御が崩れ、あらかじめ設定されたエレベーターのみがその階数に向かうことになってしまいます。つまり、一番最寄りのエレベーターではなく、車いす用に設定されたエレベーターのみが向かうことになってしまうのです。

その時点で時間をロスすることになりますが、さらに車いす用に設定されたエレベーターは、動く速度も止まる速度も、そしてドアが開く速度も遅く設定されていることが多くあります。

そのため、最終的にドアが開くまでの時間で比べた場合、かなりの差が出てしまうのです。

もちろん数秒程度の差しかありませんが、それが積み重なれば、何分、何時間、何日?と差が出てくるのです。これで無駄な時間の浪費も防げます。

これからはむやみにボタンを押さないことをオススメします。

ぜひ覚えておいてください!

気になった裏ワザをシェアしよう!

About Writer私がこの記事を書きました

河元智行

「たのしい裏ワザ!」編集長、兼ライター。
10年以上にわたり裏ワザ本を出版し、累計部数35万部を売り上げる。得意な裏ワザジャンルは、ネット全般・乗り物など。